おとなの髪にトリートメントは必須です

ブログをご覧いただきまして、ありがとうございます。

クロスロード
美容師22年目のママスタイリスト、ゆみです

台風が近づいていますね。
気圧の変化で体調を崩されませんように。。

夏の終わりが見えたような気がしましたが、また夏日に逆戻り。
蒸し暑くなってしまいました。

乾燥と湿度の高さと、ふり幅が大きく体調だけでなく髪のお悩みにも影響します。
きちんとケアすることが大切ですね。。

お客様と、ご自宅でのケアのお話をしていると

皆さま、お悩みに対してケア意識を高く持って過ごされているな~とつくづく思います。
そこまでしてもお悩み解決につながらないのは、お手入れが間違っていたり勘違いで使用量を使っていたり。。

もったいないことです。

一番もったいないな~と感じるのは、日々のシャンプーの後にトリートメントを使用されない方がいるという事。

リンスやコンディショナーは使っているけど、トリートメントはたまにしかしない。という方!
肌は傷つけると、出血し細胞が修復する働きをします。

髪は死んだ細胞、死活細胞です

髪はカットしても血は流れませんよね。(カットするたびに血が出てたらこわい。。)
髪は頭皮から出てきた状態が、死んでいる細胞なんです。

だから、1度傷んだら元には戻せません。

髪の毛のお悩みを解決するのは、髪の土台である『頭皮』をまずケアする事!なんですね。。

では、髪の毛はどうお手入れしたらいいの??というと、トリートメントが大切。。

トリートメントは、修復・保湿効果があるので、多少のダメージなら整えることも可能です!
シャンプーの後に、軽く水気をきって毛先の方から馴染ませて、最低でも5分間置いてあげてください。
浸透・修復する時間が5分間必要なんです。
置いた後は、よ~く流してOKですよ!

栄養や水分がしっかり浸透して、整った髪の毛はまとまりの良いしなやかさを実感できます!

カラーやパーマのヘアデザインも長持ちするので、ヘアデザインを扱いやすい状態で楽しんで過ごせます。
※ダメージし過ぎた髪は、カットして整えることをお薦めします。

トリートメントしているけれど、そんな効果を実感した事が無いという場合は
使用されているトリートメントは浸透・保湿効果より、指通りと艶の質感をメインにした『コーティング力』が高い成分かもしれません。

表面だけがコーティングされた髪の毛は、パサつき・まとまらなさの他
私たち美容師の仕事に支障をきたすこともあります。

コーティングが薬液の浸透を妨げてしまい、思うようなデザインコントロールができない!なんてこともおこるのです。。。

そんなコーティング剤が髪の毛を覆っている場合
髪が肌につく場所・お顔周り、頭皮、首・肩、などに、吹き出物やニキビなど肌荒れを起こすこともありますので、お気を付けください。

きちんと髪の毛を整えてくれるもの

それがトリートメントなのです。

夏の紫外線、乾燥でダメージしている髪に

本格的な乾燥の前に、栄養と保湿で整えていきましょう!

Follow me!