子供の発想力

ブログをご覧いただきまして、ありがとうございます。

クロスロード
美容師22年目のママスタイリスト、ゆみです

息子の学校で、マラソン大会がありました。

普段、職場に来ることがある日は

自宅から店まで歩いている息子。その距離1.5kmくらい

自転車の練習してみたら?という問いかけには、『無理だよ~。。』と

やる気を見せないのです。

 

私は自転車、娘はその自転車のチャイルドシート(今はお兄ちゃんと一緒に歩くことが多いです)

息子は、自分のペースで小走りで先に行ってしまう事が多くなってきました。

 

今日のマラソン大会は、そんな彼の普段のトレーニング(!?)が活かされるであろう

と勝手に母は期待しているのですが。

当の本人は、マイペース。。

 

持ち物に、水筒(温かい飲み物が好ましい)と書いてあったので

熱いお茶だとビックリしてしまうので、ぬるめのお茶を入れて持たせました。

玄関で、『今日のお茶は、ぬるめだよ!』と伝えると

息子『・・・。 カエルくらい??』

と彼の頭の中の独特なものさしで、聞かれました。

 

カエル

 

自然に囲まれた小学校で、授業中に触ったカエルを思い出したようです。

 

息子らしい。。

 

返事に詰まりましたが(笑)

『そうだね。カエルくらいだよ!』

と、私は触ったことのない生物の温度で返事をしておきました。。

 

送り出した後、何だかほっこりして、可愛くて

一度閉めた玄関のドアを開けて、『マラソン頑張ってね~』と声援を送りました。。

Follow me!