トリートメントで髪が傷む??

ブログをご覧いただきまして、ありがとうございます。

クロスロード
美容師22年目のママスタイリスト、ゆみです

毎日、髪のお手入れをしてもどうにもまとまらない!!
定期的に美容室に行っているのに、髪がパサついて広がる!!

そんなお悩みはありませんか?

肌は傷がつくと、細胞の再生力で自然治癒しますが
髪は死んだ細胞なので、一度傷んでしまうと元には戻りません。

そこで、シャンプーの後に毎回トリートメントをしてくださいね。とお話ししますが
実はトリートメントで髪が傷んでしまう事もあるのです。

原因はシリコンコーティング

強い頑丈な皮膜を、髪の表面にくっつけるので
シリコンがピッタリとくっついている髪の毛には、美容室でのトリートメントはもちろん、カラーやパーマなどの薬液が入りにくくなってしまいます。

ノンシリコンが流行っていますが、元々シリコンはシャンプーの時に絡ませない役割や仕上がりの指どおりを良くするもの。


今のノンシリコンはサラサラです。シリコンの代わりに何が入っているか知っていますか?
ポリマーです。

シリコンもポリマーも、使い方によっては悪者ではないのですが、乾燥でまとまらない広がり髪の毛には、重くどっしりとした洗い上がりを求められるため、シリコンはかなり多く入っています。
さらにポリマーが配合されているシャンプーやトリートメントは、使い続けると髪が固い仕上がりになっています。ハリがアップしていると言えば聞こえはいいですが、髪のしなやかさが無くなって、動きにくくなっています。

頭皮を気にする方には、残念ですがポリマーがべたつきの原因になり
ボリュームが上手く出ない原因になります。

そのような状態をたくさん見てきたので、サロン帰りのヘアスタイルを自宅でも維持できるようにと
ヘアケアの勉強をし直して、安心してお勧めできるヘアケア商品があるのですが、高い。。と言われることもあります(苦笑

そんな方にお伝えしたいポイントは
良くすすぐこと!

美容室でトリートメントをしっかりと入れ込んでもらえば大丈夫!

と思われるかもしれませんが、今話題になっている巷の美容室トリートメントの中には

ストレートパーマレベルのトリートメントがあります。
??と思われると思いますが
高温のアイロンの熱で、薬液を入れ込んでいくトリートメント。(しかも高額です)

綺麗になれればいいでしょ??
という方は、その後もし美容室を変えるとなったとき、どうなるか想像してみてください。

●お客様はトリートメントをしていたと美容師に伝える。(ストレートパーマはかけたことがないと伝える)
●美容師はどう見てもストレートパーマの状態

お互いに意見が一致せず、パーマやカラーの施術を施しダメージにつながっていく。

実際にクロスロードにも、他店のトリートメントでマネキン人形のような髪の毛になっていたお客様がいらっしゃいました。
その時は、理由を説明して施術をお断りしています。

髪が綺麗になるには何をどうしたらよいのか?

施術中にしっかりとお話しさせていただきます!

Follow me!