カラーでしみるのは頭皮ダメージです

こんにちは!頭皮ケアができる美容室クロスロードのゆみです。

カラーがしみる!?頭皮ダメージのサインです

クロスロードのお客様にも、【カラーがしみて困っている】というご新規様がたくさん来られます。

他店では、ちょっと我慢してくださいね・・。で終わってしまうそうで、お客様からしたら不安ですよね。

しみる原因はいろいろ

  • メーカーによって、カラーの配合が多少変わるので、慣れない成分に頭皮がビックリしてしまう
  • 普段のシャンプーでゴシゴシ洗いをしていて、頭皮が乾燥状態になっている
  • 体調やストレスで頭皮のバリア機能が衰えていて、しみてしまう

しみてしまう原因は多々ありますが、しみないように気を付けるのが美容師の仕事でもあります。

マイクロスコープで頭皮の確認をして、頭皮が乾燥状態だったり、赤く炎症を起こしていたら、施術をお断りすることもあります。

頭皮エステで、乾燥状態を整えて、ご自宅でもケアを気を付けてもらって再度確認してからカラーになります。

毎回しみるけど、カブレたことはないという方でも、カラーの塗り方で気を付けています

地肌に付けない、根元ギリギリの所まで塗る【ゼロテク】という技法で、髪を染めていきます

もちろん頭皮保護もしますが、頭皮に負担が無いので長くヘアカラーを楽しめます。(※香草カラーは頭皮に付けることで頭皮を綺麗にする効果があるので、ゼロテクは出来ません)

美容室で細心の注意を払っても、自宅でケアを意識しないとダメージしてしまいます。

ご自宅で使っているシャンプーの洗浄力で、乾燥を招くこともあります。

ご自宅でのお手入れや使っているヘアケア商品の見直しなどのアドバイスをさせていただいています。

ご新規様でも、お手入れを見直して2~3回通っていただくと髪と頭皮の変化がみられる方が多いです。

パサついていた髪にツヤが整っていたり、ペタッとボリューム不足でヘアスタイルが決まらなかった方がまとまりやすくなっていたり。

1年通ってくれたお客様が、【本当に良い美容室に出会えてよかった!ヘアケアの話をしてくれる美容師に出会ったことがない。】とおっしゃっていたのにはびっくりしました。

他の美容師さんはヘアケアの話しないで、何の話しているのでしょう。

自分が作ったヘアスタイルを、お客様がご自宅で再現しやすいようにお手入れやヘアケアの話をするのは美容師の仕事です。

お客様も、美容師から話を聞けないので、髪や頭皮のお悩みを自己処理して逆にダメージさせてしまっている方が本当に多い・・。

クロスロードではお客様とお互いに信頼を高めて、安心して任せていただく為に日々勉強しています。

お客様が笑顔で帰られて、次に来た時に【この間のヘアスタイルお手入れもしやすかったし、周りから褒められたのよ!】とお話を聞けるときが一番うれしいです(笑)

最後まで読んでいただきありがとうございます。
あなたの髪・頭皮のお悩みなど気になる事・質問したいことがあれば、気軽にメッセージくださいね。
【ブログ読んだよ~】とお声掛けいただけると、励みになります!!

Follow me!