担当美容師を決めるのが、髪のお悩みを解決する近道!

こんにちは!頭皮ケアができる美容室クロスロードのゆみです。

2020年、新しい年があけました!今年も宜しくお願い致します。

 

さて、早速ですが

担当美容師はいますか?

去年、ご新規様でご来店されたお客様の9割の方が【いつも違う美容師・違う店でやってもらっていた】と言って、髪の毛や頭皮のお悩みでご来店されました。

1割の方は【引っ越し】【担当が辞めてしまった】などが理由でした。

私自身、美容師をやって20年以上たちますが、自分の髪質は【くせ毛でパサつきやすい】【透かれ過ぎるとパサつく・ボリュームコントロールが難しくなる】など決して扱いやすい髪質ではないので、他店でカットしてもらう時はトップスタイリストか、好みのヘアスタイルを作っている美容師にお願いします。(今は小川店長)

ただ好みのヘアスタイルを作ってくれたとしても、自宅で再現が出来ないモードすぎるのもいかがな物かなと。。

自分の生活に寄り添って、扱いやすく洗礼されたヘアスタイルを提案されると、私の場合は嬉しいです。

 

あなたは髪の素人

 

自分の髪の毛だとしても、ダメージや施術履歴、季節でのお悩み、年齢とともに変わる変化など把握している方はほんのわずか。

お悩みが蓄積されている所に、【毎回担当の美容師が変わる】という事がどんなにリスクが高いか?おわかりでしょうか。

 

それでも、いろいろな事情で担当美容師が決まらない。という方も多くいますが

その場合、私は【ヘアスタイルは担当美容師のバトンのようなもの】とお伝えしています。

リレーのバトン。(今はたすき渡しの方が伝わりますか?)

上手に手渡していけると、スムーズに素早く流れ(ヘアスタイルの作りやすさ)が出来ます。

が、前の人がつまずいたり転んだり、失敗すると次の人にも、さらにその次にも響いていきます。

 

髪の毛も同じ。

前の人が失敗(微妙な薬液選択など)していると、次の美容師の時に思っていた以上にダメージがでる・パーマがかからない・カラーが思うように染まらないなんてことがあるんですよ。

クロスロードにご来店されたお客様の中には、ダメージした状態から調整して・ダメージ部分のカット・ご希望に添えるまでに長いと1年以上かかる事も実際にあります。

だって、髪の毛は1度傷んだら元には戻らない死んだ細胞(死活細胞)だから。

 

思うようなヘアスタイルにならない・・。なんてお悩みであれば

毎回美容室を変えるのではなく、信頼できる美容師を見つける方が

髪の悩みから解放される近道かもしれません。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。
あなたの髪・頭皮のお悩みなど気になる事・質問したいことがあれば、気軽にメッセージくださいね。
【ブログ読んだよ~】とお声掛けいただけると、励みになります!!

Follow me!